新しい通貨 ビットコインの件 – クロ現

クローズアップ現代
(2014.1.21)
より

仮想通貨 VS 国家 ビットコインの衝撃

現状は定義ができないため法律で規制もできない状態

国に支配されない通貨

価格高騰

ヨーロッパの信用不安
国家への不信

誕生から5年

ビットコインはコンピューターやスマートフォンに専用のアプリを導入すれば誰でも買うことができます

政府(価値)の裏付けがない仮想通貨

対応している通販サイトで電子マネーのように買い物ができます

国境を越えてすばやい送金もできます

株のような投資の対象にもなっています

価値が乱高下するリスクも抱えています

利用者は全世界で数百万人
市場規模は1兆円

世界の投資マネーが流れ込み高騰

誰が何のために作ったのか

2008年
「Satoshi Nakamoto」と名乗る謎のプログラマーがネット上に公開した論文

目的は、国家から独立した通貨を作ること

開発には100人以上のプログラマーがかかわる

ネットの世界に自由な取引を

ビットコイン 各国の対応
ドイツ 容認
シンガポール 容認
アメリカ 警告
フランス 警告
中国 禁止
インド 禁止
タイ 禁止
日本 検討中

闇取引で使われるビットコイン
匿名取引
マネーロンダリング

対策

など

クローズアップ現代 NHK

関連記事
ビットコイン取引仲介会社「マウントゴックス」経営破綻
仮想通貨ビットコインの取引仲介会社側詳細説明なし
仮想通貨ビットコイン、取引停止

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ