デイノケイルス ほぼ全身の骨格を特定

「最大の謎」と呼ばれていた「デイノケイルス」

北海道大学などの調査チームがほぼ全身の骨格を特定できたとする研究成果を発表

「謎の恐竜」ほぼ全身の骨格特定 NHKニュース
この恐竜は、1965年にモンゴルのゴビ砂漠にあるおよそ7000万年前の地層から腕などが見つかり、その後、50年近くにわたって全身の姿や形が分からず、研究者の間で「謎の恐竜」と

謎の恐竜:背中に帆 モンゴルで全身化石発見 – 毎日新聞
長い腕の化石しか見つからず「謎の恐竜」と呼ばれるデイノケイルス(「恐ろしい手」の意味)のほぼ全身の化石が、モンゴルの白亜紀後期(約7000万年前)の地層から

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ