メモ Windows XPのサポート終了後のセキュリティ対策関連 個人向け

Windows XPのサポートは2014年4月8日で終了。

Microsoft Security Essentialsの更新プログラムの提供は2015年7月14日まで延長になっています。

「Microsoft Security Essentials」 はマイクロソフトが提供している無料のセキュリティ対策ソフトです。

XPのサポート期間終了と同時に、Security Essentials本体のダウンロード配布も終了となるようです。
Windows XP継続使用予定で導入がまだの方は下記よりダウンロードしておいたほうがいいかもしれません。

Microsoft Security Essentials – Microsoft Windows

Microsoft、「Windows XP」のマルウェア対策更新を2015年7月14日まで延長 – ITmedia ニュース
Windows XPのサポートは予定通り4月8日に終了するが、Microsoft Security Essentialsなどの定義ファイルおよびエンジンに関する更新プログラムの提供は2015年7月14日まで延長になった。

MS、XP向け「Security Essentials」の定義ファイルを2015年7月まで提供 -INTERNET Watch
また、マイクロソフトに確認したところ、Windows XPのサポート期間終了と同時に、Security Essentialsのダウンロード配布は終了となり、定義ファイルやエンジンに関する更新プログラムの提供のみが継続される予定だという。

Windows XP向けアンチマルウェアエンジンのみ、2015年7月までサポート | マイナビニュース
Windows XPのサポートそのものは計画通り4月8日を持って終了するが、Windows XP向けのアンチマルウェアエンジンおよびアンチマルウェア署名に対するアップデートに関しては2015年7月14日まで提供すると発表した。企業におけるWindows XPからより新しいバージョンへの移行を支援するためだと説明がある。

関連記事
サポート終了後もWindows XPを継続利用したい

PR
無料体験からはじめる総合セキュリティソフト

カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ