はじめての Windows 10 – (6) アカウントの種類

[Windows 10 はじめて日記]
[Windows 10 Home 64bit]

Windows 10 で使用できるアカウントの種類をまとめてみました。

自分メモです。違ってたらすいません。

Windows 10 Home のアカウントの種類は

「標準ユーザー」のローカルアカウント
「管理者」のローカルアカウント

「標準ユーザー」のMicrosoftアカウント
「管理者」のMicrosoftアカウント

です。

ローカルアカウントは後からMicrosoftアカウントに変更ができます。その逆もできます。

Windows 10 ではOSと一体となったさまざまな機能でMicrosoftアカウントにサインインする必要があります。

ローカルアカウントではアプリや機能ごとに個別にMicrosoftアカウントにサインインする必要がありますが、Windows 10へのログインをMicrosoftアカウントにしておけばその必要がなくなります。

さらに
Microsoftアカウントにするとファミリーセーフティという機能が使えます。

ファミリーセーフティではファミリーのメンバーに「保護者」と「お子様」という属性が設定でき、「保護者」は「お子様」の使用を制限したりアクティビティのレポートを見たりできます。

家族向け機能を設定する – Windows ヘルプ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ