100円 USB電池ボックス 分解 2 – ケースをきれいに開けることができました

100円 USB電池ボックス 分解の追加記事です。

前回はケースをハンディーソーで切断しましたが、もっときれいに開ける方法がわかりました。

コアウェーブのこれです。
slooProImg_20130616161045.jpg

開けてからもとに戻せます

再接着は必要ですが、ケースをもとにもどせます。

 

開け方

大きめのマイナスドライバーにあて布をして、USBの穴の部分をつかって慎重にこじります。

メキメキといわせながら少しづつ開いていきます。ゆっくりやらないと内部にキズがつくかもしれません。

少しでも隙間ができたら、そこに小さめのマイナスドライバーをいれて外していけばいいです。(これがあればらくです)

上は、開けてからもとにもどした状態です。

 

中身

前の記事とダブりますが画像を撮ったので。

 

基板はUSBに何か差して持ち上げれば簡単に外れます。

 

接着はケース枠の4ケ所と2つの支柱です。
個体によっては違うかもしれません。

 

戻せます。

以上です。

だんだん分解スキルが上がっていきます(笑)

関連記事
100円 USB電池ボックス 分解
100円 USB電池ボックス 分解 2
USBポート付き 充電用電池BOX

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ