2014年8月の不順な天候の分析結果の概要

気象庁

2014年8月の不順な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、見解を発表

南からの暖かく湿った気流の持続
台風(第12号と第11号)が北上
偏西風が南に偏りかつ南北に蛇行
太平洋東部やインド洋東部で海面水温が高かった
アジアモンスーンの活動が不活発

など

平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~
気象庁 | 平成26年報道発表資料

本日開催した異常気象分析検討会 (臨時会)において、2014年8月の不順な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ