エネルギー基本計画(案)

エネルギー基本計画の政府案決定

というニュースです。

原発は「重要なベースロード電源」

当初案と比べて原発に関する表現を弱めた

原発依存度は、再生可能エネルギーの導入などにより「可能な限り低減させる」

安全性確認後の原発再稼働を明記 エネルギー基本計画の政府案決定 – MSN産経ニュース
政府は25日午前、原子力関係閣僚会議を開き、策定中のエネルギー基本計画の政府案を決定した。原発を「重要なベースロード電源」と位置付け、安全性が確認された原発は「再稼働を進める」との方針を明記。当初案と比べて原発に関する表現を弱めたが、再稼働の推進など安倍晋三政権の基本姿勢は維持した。

経産相、エネルギー基本計画「丁寧なプロセス経て閣議決定へ」  :日本経済新聞
ベースロード電源は低廉で昼夜を問わず供給できる電源、と説明した。茂木経産相はコストが低く安定供給が可能であるため、安全を確認したうえで再稼働する方針を示したが、併せて原発を可能な限り減らす、との政府の従来方針は「変わりない」とも強調した。

関連記事
新エネルギー基本計画 – 調整
再生可能エネルギー 現実の壁

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ