「飛ぶ」「跳ぶ」など、「異字同訓」の使い分けの事例・手引きを42年ぶりに見直し – 文化庁

NHKニュースネタです。

文化庁

「飛ぶ」「跳ぶ」

「溶ける」「解ける」

などの使い分けの手引きを見直し。

というニュースです。

「文化庁のホームページで公開されています」

と言っていましたが、見つけにくいです。よくわかりません。

文化庁

これかな?
異字同訓の漢字の使い分け例(報告)(素案) 文化庁

古いのはこれかな(昭和47年)
「異字同訓」の漢字の用法 文化庁

異字同訓手引き42年ぶり改訂 NHKニュース
文化庁の文化審議会は訓読みが同じ漢字、「異字同訓」の使い分けの事例を示す手引きを42年ぶりに見直し、それぞれの漢字が持つ意味など詳しい説明を新たに加えました。

新たな手引きについて文化庁は「1つの参考として示すもので違う使い方を否定するものではない」と話しています。
手引きは文化庁のホームページで公開されています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ