スマホ発熱問題、件数が5倍に急増

「スマートフォンの充電端子の焼損や本体の発熱等」に関する相談急増で、国民生活センターが注意を呼びかけています。

というニュースです。

「スマートフォンの充電端子の焼損や本体の発熱に注意-なかにはやけどを負った事例も-」

スマートフォンの充電端子の焼損や本体の発熱に注意-なかにはやけどを負った事例も-(発表情報)_国民生活センター

充電の際、充電端子の接続部がショートに近い状態となって発熱し、この熱により周囲の損傷に至ったものと考えられました。

スマートフォンを充電する際は、毎回充電端子の取り扱いに注意しましょう。また、異常を感じた場合は直ちに充電を中止しましょう。
やけど防止のため、スマートフォンを使用する際や充電する際は、長時間肌に密着させないようにしましょう

国民生活センター、スマホの発熱や充電時の焼損に注意喚起 – ケータイ Watch
国民生活センターは、スマートフォンの充電端子の焼損や、本体の発熱に関する相談が急増しているとして、消費者に対し注意喚起を行うとともに、寄せられた相談内容をもとにした調査結果を公表した。国民生活センターでは、充電端子の取り扱いに毎回注意し、発熱した本体は肌に長時間接触させないよう案内している。

「スマホが発熱」注意呼びかけ NHKニュース
スマートフォンが発熱したという相談は、昨年度、全国の消費生活センターに520件ほど寄せられ、前の年の5倍余りに急増しているということです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ