未成年者にも「安楽死」を認める法律成立 – ベルギー

ベルギーで、子どもの患者にも安楽死を認める法律が成立。

というニュースです。

ベルギーでは2002年に成人の安楽死を認める法律が成立しています。

ベルギーで子どもの安楽死認める法律 NHKニュース

末期がんなど治る見込みのない終末期の患者に対して、安楽死が合法化されているベルギーで、子どもの患者にも安楽死を認める法律が成立し、議論を呼んでいます。

ベルギー、安楽死の年齢制限を撤廃へ  :日本経済新聞
ベルギーは、安楽死に対する年齢制限をなくす。現在は18歳以上で患者の自発的な判断があったうえで「耐え難い苦痛」など特定の条件を満たせば医師の処置による安楽死が認められているが、今後は低年齢の子供も対象になる。

CNN.co.jp : ベルギーで子どもの安楽死認める法可決
今回の法案は、安楽死の意味を理解でき、保護者の同意があるといった条件を満たした場合にのみ、18歳未満の未成年者にも「死ぬ権利」を認めるというものだ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ