広域避難計画を了承 – 富士山

NHKのニュースねたです

静岡、山梨、神奈川の3県と国などで作る協議会は、富士山の大規模な噴火に備えておととしから議論を進めてきた広域の避難計画を了承しました。

というニュースです。

「この300年、大規模な噴火がないのが不思議だ」

およそ300年前の宝永噴火と同じ規模の噴火が起きた場合、およそ7億立方メートルの火山灰が16日間、降り続くと想定されているそうです。

富士山噴火に備え 広域避難計画 NHKニュース

富士山の大規模な噴火に備えて、静岡、山梨、神奈川の3つの県を対象とした広域の避難計画がまとまり、30センチ以上の火山灰が降り積もるおそれのある地域に避難を呼びかけるという全国で初めての基準が盛り込まれました。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ