発射19秒前に自動停止 – 新型ロケット「イプシロン」打ち上げ中止

発射19秒前に姿勢異常信号を検知し、カウントダウンを自動停止したそうです。

新型ロケット「イプシロン」初号機が27日、鹿児島県肝付(きもつき)町の宇宙航空研究開発機構(JAXA)内之浦宇宙空間観測所で発射態勢に入ったが、午後1時45分の予定時刻を過ぎても打ち上がらず、同日の打ち上げは中止された。
新型ロケット「イプシロン」打ち上げ中止 姿勢異常が原因、19秒前に検知 – MSN産経ニュース

新型ロケット「イプシロン」打ち上げ中止 カウントダウン途中で中断 – MSN産経ニュース

関連記事
新型ロケット イプシロン 世界の小型衛星市場をつかめ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ