オートファジー

「ガードナー国際賞」 日本人2人が受賞 NHKニュース

大隅栄誉教授は、細胞が不要なタンパク質などを分解する「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明しました。

坂口教授はリンパ球の中に過剰な免疫反応を抑える「制御性T細胞」があることを発見しました。

人が一日に食べる食事のタンパク質からえられるアミノ酸は70gほどです。

いっぽう、わたしたちのからだの中では毎日300gのたんぱく質がつくられています。

それを可能としているのが、細胞が自身のタンパク質を分解してアミノ酸を作り出す「オートファジー」と呼ばれる仕組みです。

(NHKニュースより)

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ