メンデルスゾーン 交響曲第2番「讃歌」 – カラヤン

カラヤン指揮・ベルリンフィルの「メンデルスゾーン 交響曲第2番「讃歌」」です。

録音は1972年です。

前の記事

メンデルスゾーンの交響曲第2番は1840年、印刷技術400年を祝う祝典のために作曲された。とあります。

ベートーヴェンの「第9」のような声楽付き交響曲です。

でも第9とはだいぶ趣が違います。

クラシックのいろいろな要素がつまった、バロックから古典派の集大成のような感じの曲です。(個人の感想です)

メンデルスゾーンはロマン派の時代の人です。

集大成のような曲、といってもベートーヴェンのような押しの強さや爆発的な感じはありません。

メンデルスゾーンは天才でありながら性格がいいのです。

(つづきます)

NEXT:メンデルスゾーン 交響曲第2番,第3番 – シャイー 1979

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ