「Security Issues(セキュリティの問題)」 – グーグルウェブマスターツールの新機能

GoogleのWEB管理者用ツール「Webmaster Tools」に新設された、Security Issues(セキュリティの問題)。

Webサイトが改ざんされて不正なコードが仕込まれたりした場合に、管理者に通知する機能が加わったそうです。

Googleはこうした事態に対応するため、Webmaster Toolsに新セクションの「Security Issues」を追加した。管理者は同セクションを見れば、自分のWebサイトで発生しているセキュリティ問題についての情報が参照できる。
改ざんされたWebサイトの管理者に情報提供、Googleのツールに新機能 – ITmedia エンタープライズ

グーグルウェブマスターツールの管理画面に「セキュリティの問題」という項目が追加されていました。
201311105_Security Issues(セキュリティの問題) グーグルウェブマスターツール

セキュリティに関するメッセージが出た場合の対処法などが下記ヘルプページで解説さてれいます
ハッキングされたサイトに関するウェブマスター ヘルプ – Google

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ