タッチライトブロック 4LEDの分解・電流測定 – 100均グッズ

LEDタッチライトブロックを分解してみました。
電流も測定しました。

はじめに分解失敗作。
接着されていて分解できなかったのでハンディーソーで切断しました。

納得いかなかったので、タッチライトブロックで検索すると分解している方がおられるんです。が、マイナーチェンジしたのかすこし違います。
ちょっと奥さん 2011/1
ダイソーLED4灯ライト 『分解』
【ダイソーLED分解シリーズ】タッチライトブロック

上記リンク先の商品は裏蓋がネジですが今回のものはネジではありません。
パッケージの使用時間も修正されています。

分解はできましたがこれではもとに戻せません。

 

仕切り直します。

ダイソーの200円の腕時計用電池交換工具で挑みます。

これです。

 

タッチライトブロックをもう一台買ってきて工具で隙間にアタックをかけます。

 

あっさり分解できました。
この個体は接着されていませんでした。どういうこと?

・・・。

スイッチと抵抗とLEDが4っ、細長い基盤に付いています。
抵抗は10Ωです。

 

電流(アンペア)を測定してみます。

単4マンガン乾電池3本で41.3mAです。
電池は新品ではありません。
LED1つあたり約10mAです。

 

次にエネループです。
単4エネループ3本で40.6mAです。
このエネループも充電直後ではありません。

 

10Ωの抵抗を直列に追加してみました。
20Ωのはずです。
単4エネループ3本で30.4mAです。

 

そのまま今度は、USBからとった5Vです。
74.2mAです。

 

先ほどの10Ωのかわりに80Ωを追加しました。
USBからとった5Vで23.5mAです。
だいぶ暗くなるけどこれでもいいかも。

 

なにをやっているかというとUSB化のためのデータをとっています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ