究極の顕微鏡 SACLA 太陽光の1億倍の1億倍- サイエンスZERO

サイエンスZERO
(2014.4.13)
より

原子の動きが見える
究極の顕微鏡 SACLA

サクラ
SACLA

理化学研究所

2012年3月運用開始

独立行政法人 理化学研究所 放射光科学総合研究センター X線自由電子レーザー施設 SACLA

兵庫県 佐川町

スプリングエイト
SPring-8

SPring-8 Web Site

光合成のなぞにせまる

超強い光で瞬時に撮影

どのような装置?

SACLA
全長700m

電子銃
加速器
アンジュレーター
実験研究棟

セリウムボライド
タングステン
グラファイト(炭素)

電子を光の速さの99.9999%まで加速させる

超精密加工技術

電子は動く向きを変えるときに光をだす

レーザー光線

X線

熱に強い特殊な磁石

真空封止型アンジュレーター

太陽光の一億倍の一億倍

X線自由電子レーザー

など

NHK サイエンスZERO

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ