地球を襲う太陽嵐 – コズミックフロント

コズミックフロント
(2013.3.7)
(2014.3.24 再)
より

地球を襲う太陽嵐

太陽からの脅威

来たるべき大規模な嵐を前に
科学者たちが研究を重ねています

1989年3月
太陽が地球を攻撃しました
カナダ モントリオールで電力の供給がストップ
大規模停電

GPSの精度低下

プラズマ

通信障害

人工衛星墜落

太陽の黒点

磁場

フレア

第一波は電磁波
つづいてプラズマ

いつ襲ってくるのか?

ガリレオ・ガリレイの観測

11年周期

1859年
キャリントンフレア

この規模のフレアが現代で起こると送電網の復旧に4、5年かかるという試算(アメリカ)

さらに大きいスーパーフレアの可能性

太陽型恒星を観測して予想

ケプラー宇宙望遠鏡(2009年打ち上げ)

宇宙天気予報

探査機 ACE
太陽と地球との直線上のラグランジュ・ポイントにいる

日本
情報通信研究機構(NICT)

宇宙天気予報 — 宇宙天気情報センター(NICT)

人工衛星は宇宙天気予報に支えられている

太陽風で人工衛星が引きずりおろされる

スカイラブ落下

あすか落下

超高速嵐の脅威

プラズマ攻撃

発生予測の研究

など

NHK-BS
コズミック フロント | NHK宇宙チャンネル

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ