マランゴニ対流 – サイエンスZERO 国際宇宙ステーション大特集2

サイエンスZERO
(2014.1.12)
より

国際宇宙ステーション大特集 2

宇宙実験の最前線

未知の流体現象
難病の治療薬
未来の食料の研究

熱対流は重力があるからおきる現象
ところが
無重力でも対流がおきた

表面張力でおきる流れ
表面張力は温かくなると弱くなる

マランゴニ対流

カルロ・マランゴニ(19世紀イタリアの物理学者)が理論で予測した現象を日本の「きぼう実験棟」で初めて観測

筋ジストロフィーの治療薬研究
宇宙実験は必須のもの
プロスタグランジンD
たんぱく質の結晶解析

火星移住計画マーズワン
宇宙で食料を
細胞壁の成分の変化
ジフェルラ酸

活動圏の拡大は一種の本能ではないか
故郷地球

ほか

ゲスト:古川聡さん(JAXA宇宙飛行士)

サイエンスZERO NHK
NHK サイエンスZERO

関連記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ