深海探査 巨大白骨の謎 鯨骨生物群集 ゾンビワーム – サイエンスZERO

サイエンスZERO
(2013.12.29)
より

密着 深海探査
巨大白骨の謎に迫れ

2013年4月
ブラジル沖
しんかい6500
しんかい6500ブラジル沖のあの発見の続報

巨大白骨

巨大白骨はクジラの骨だった

鯨骨生物群集(げいこつせいぶつぐんしゅう)

世界でも数例しか報告がない

ふしぎな生態系

発見は今回で8例目

クジラの骨にはアブラがいっぱいある

アブラが鯨骨生物群集をささえるもとになっている

ホネクイハナムシ
通称ゾンビワーム

骨を分解して栄養として吸収している
ホネクイハナムシは鯨骨生物群集で重要な役割をしている

深海にはクジラの骨がたくさんある

ホネクイハナムシはクジラが出現する前からいた
クビナガリュウの骨に生息していた
空白のミステリー
ウミガメ?

など

サイエンスZERO NHK
NHK サイエンスZERO

関連記事
しんかい6500 ブラジル沖のあの発見 – サイエンスZERO

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ