脂肪由来の幹細胞(ASC) 天然の治療薬? 脂肪に潜むスーパー細胞 – サイエンスZERO

サイエンスZERO
(2013.12.1)
より

天然の治療薬?
脂肪に潜むスーパー細胞

尿失禁からアルツハイマーまで

期待

脂肪って、敵ですよね?

脂肪由来の幹細胞(ASC)

鳥取大学医学部附属病院

乳がんの手術でへこんだ乳房に注入すると
かたちが元通りに

脂肪とASCをまぜて注入

マクロファージの攻撃

サイトカイン(たんぱく質)を放出

血管新生因子

尿失禁が治る?

ASCが平滑筋に分化

iPS細胞やES細胞は人工的に作られた幹細胞
ASCは自然に持っている細胞

iPS細胞などはがん化の危険性も指摘されているが…

ASCはいまのところ動物モデルでがんをおこしたことはない

骨髄の幹細胞にくらべはるかに簡単に大量に採取できる

血管に注入すると疾患部位を治療する

患部に移動し、サイトカインを放出する

エクソソーム
(ナノサイズの粒)

皮下脂肪は必要だった!?

など

サイエンスZERO NHK
NHK サイエンスZERO

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ