最新報告 地球温暖化 – サイエンスZERO

サイエンスZERO
(2013.11.24)
より

最新報告 地球温暖化

IPCC(気候変動に関するる政府間パネル)の報告書

この130年の間に0.85℃上昇

2000年ごろから気温の上昇がほとんどとまったようにみえる

温暖化は止まった?
どうなんでしょうか?

ハイエイタス(中断)現象

気温が上がらない謎

海を観測

アルゴ計画

アルゴフロートを海に放流して観測
現在アルゴフロートの数は3600台以上
全世界からリアルタイムで送られてきている

海洋深部の温度が上昇している
これがハイエイタス現象の原因ではないか

海水温のパターンが十年以上の周期で大きく入れ替わる

次のパターンで海への熱吸収がとまる

数年後には再び上昇に変わる?

世界の温室効果ガスの排出量を今世紀の半ばまでに今の半分に減らしさらに今世紀の末までにゼロにすれば…

極端現象

最近起きた異常気象は自然の現象なのか温暖化のせいなのか

猛暑の発生確率が5倍に

詳しい予測が始まっています

スーパーコンピュータでシミュレーション

2076年に猛烈な台風が発生

梅雨の雨が集中豪雨に

熱波 豪雨 干ばつ 強い台風 高潮

海面水位の上昇

すでに19cm上昇

IPCCの予測
今世紀末で 最低26cm 最高82cm 上昇

荒川周辺の海抜ゼロメートル地帯が1.7倍に

大阪でも海抜ゼロメートル地帯が2倍以上に

海に浮かんでいる氷は解けても海の水の量は増えない
海水が温まって膨張する
陸の上の氷が解けて海水が増える

グリーンランドの氷
しきい値を超えると気温上昇が止まっても氷が解けるのは止まらなくなる
1000年かけて7メートルの海面上昇
しきい値は何度なの?
産業革命以前とくらべて1度から4度の間だろうといわれている
すでに約1度上がっている

など

サイエンスZERO NHK
NHK サイエンスZERO

関連記事
科学の未来予想は8割外れる ?

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ