橋・トンネルが危ない インフラの崩壊を食い止めることはできるのか

NHKスペシャル

インフラの崩壊を食い止めることはできるのか

調査報告
日本のインフラが危ない
NHKスペシャル

(2013年8月4日 放送)

日本列島を襲うインフラ崩壊の危機
橋やトンネル

建設から27年で崩落した橋
メンテナスしなければこうなる

橋の問題

老朽化で通行止めの橋は全国で232個

笹子トンネルの事故

点検で見過ごされてしまう

アメリカでの崩落事故(2007年)をうけ、
国は定期点検を呼びかけ
補助金も

点検後も繰り返される事故
点検の実態

どこかで省略しないと数をこなせない
点検の基本が徹底されていない

アンカーボルトが折れてます
危険なポイントを見ていない
業者委託でチェックできていない

点検の精度に課題がある

内容が伴わなければ点検をやったことにはならない
お金を使えば成果があがるわけではない

トンネルの問題

トンネル崩落の謎
背面空洞
目視では見つけにくい

昭和55年ごろまでの工法
高度経済成長期の負の遺産
時代的な背景

設計図がない問題

補修工事、進まない現実
新規より費用がかかる補修工事
発注見積もりの積算基準が補修の実態と合っていない
いまのままだと事業として採算が合わない

補修が必要な橋は68800
未補修は58758

NHKスペシャル

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ