青色LED徹底解説 – サイエンスZERO

サイエンスZERO
2014.12.7

おめでとう!
ノーベル物理学賞
青色LED徹底解説

1962年
赤の発光ダイオード

すぐに緑なども

だけど

青の開発は困難を極めた

光の3原色

赤崎勇さん
窒化ガリウムの研究

天野浩さん
窒化ガリウムの結晶

中村修二さん
量産化技術

LEDは半導体

エネルギーバンド

ぎゅうぎゅう電子から

外のバンドに出て

もどるときに光がでる

シリコンは赤外線

青色LEDを作るには

バンドギャップが広い元素が必要

窒化ガリウムは実は紫外線

それに混ぜ物をして青にする

結晶をつくるのが

非常に難しかった

当時はほとんどの人が

セレン化亜鉛を研究していて

窒化ガリウムをやる人は赤崎先生だけ

赤崎先生には信念があった

天野浩さん

結晶化の実験

2年以上1500回

修士課程が終わりに近づいてきた

ううう

赤崎先生からのヒント

失敗実験がブレイクスルーを生んだ

いやにならなかったのですか?

楽しかった

だけど

結晶ができただけでは

光らない

n型半導体

p型半導体

光ったのは

1989年
きれいな結晶ができてから4年後

なぜかよくわからなかった

解明したのが中村さん

電子線の代わりに

過熱すれば水素がとれることを発見

量産化へ

パワー半導体

次世代パワー半導体

窒化ガリウム

シリコンカーバイド

インバーター

ゲスト
天野浩さん

NHK サイエンスZERO
竹内 薫 (サイエンス作家) 南沢奈央 (女優) 江崎史恵 (アナウンサー)

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ