高齢ドライバー事故のメカニズムが解明されつつあります – クロ現

クローズアップ現代
(2014.7.8)

運転し続けたい
高齢ドライバー事故の対策最前線

どうする
高齢ドライバー事故

なぜ増えているのか

メカニズムが
解明されつつあります

かつては運転のうまい一握りの人たちだった高齢ドライバーが
団塊の世代が高齢化してきたため
必ずしも運転のうまくない高齢ドライバーも増えてきた

高齢ドライバー事故の6割が交差点で起きています

判断が遅れる

わずか0.7秒の差だが、距離にすると12メートル

最新の脳科学

脳の画像

白質病変

高度な情報処理

交差点の事故は他の事故とメカニズムが違う

運転しないと生きていけない

年寄りの方が自信過剰(事故なんかしたことないもん)

頑固

事故防止の模索

右見て左見て

低速モビリティー

クローズアップ現代 NHK

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ