MRIは、ヘリウムがなければ、動かせないという。ヘリウムガスの世界的な不足

ヘリウムガスが不足しているそうです。

 日本経済新聞(Nikkei)によると、ヘリウムガスは主に工場や、MRI(磁気共鳴映像法)スキャナーなど医療機器の冷却に使われている。これまでにも供給量の不足がMRIなどを製造する医療機器業界で問題視されてきたが、ここ数か月で問題はさらに深刻化しているという

【11月27日 AFP】ヘリウムガスの世界的な不足を受け、東京ディズニーランド(Tokyo Disneyland)はミッキーマウス(Mickey Mouse)などのキャラクターをかたどったヘリウム風船の販売を中止した。同園を運営するオリエンタルランド(Oriental Land)が27日、明らかにした。

東京ディズニーランドの風船、ヘリウムガスの世界的不足で販売中止 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News

あまり知られていない国内のヘリウム不足 | スラッシュドット・ジャパン サイエンス

日本はヘリウムガスを全て輸入でまかなっている。 世界中でも、ごく一部の天然ガス田でしか採取できず、その大半はアメリカで生産されていたが、現在、アメリカの工場のトラブルなどにより、生産量が著しく減っているという。 さらに、このヘリウムガスは、病気の診断などには欠かせない「MRI」にも使われている。 MRIは、ヘリウムがなければ、動かせないという。

FNN: ヘリウムガス不足が問題に 医療現場ではMRIなどに利用

日本はヘリウムガスを全て輸入でまかなっている。 世界中でも、ごく一部の天然ガス田でしか採取できず、その大半はアメリカで生産されていたが、現在、アメリカの工場のトラブルなどにより、生産量が著しく減っているという。 さらに、このヘリウムガスは、病気の診断などには欠かせない「MRI」にも使われている。 MRIは、ヘリウムがなければ、動かせないという。

ヘリウム – Wikipedia

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ