公共データの開放 オープンデータは社会を変えるか

クローズアップ現代
(2014.9.17)

国や自治体の膨大な公共データ

公共データは宝の山
~社会を変えるか? オープンデータ~

ビッグビジネスとして注目

背景にあるのは行政情報のデジタル化

介護負担の軽減

アメリカでは新たなビジネスが続々と誕生

つぎつぎと公開される行政の情報は社会をどう変えるのか

オープンデータ政策

行政の情報に民間が独自の付加価値をつけて課題解決に役立てる

どうすすめる?

公共データの開放

どこまで出すべきか

個人が特定されるモザイク効果を考慮する必要がある

データを匿名化するだけでは不十分です

クローズアップ現代 NHK

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ