超小型車、今年度内にも公道に 認定制度案を発表

超小型車は、近場の移動手段として高齢者や観光の足として普及が期待されていて、各メーカーは電気自動車で試作している段階のようです。

超小型車を公道で走行実験 13年1月から、国交省が認定制度案  :日本経済新聞

 国土交通省は22日、軽自動車より小さい「超小型車」の認定制度案を発表した。定員は大人2人または、大人1人と子供2人まで。長さや幅、高さは軽自動車の規格内としている。

時事ドットコム:超小型車で認定制度案=年度内にも公道に-国交省

パブリックコメントを経て来年1月に制度をスタートさせる予定で、今年度内にも超小型車が公道を走る姿が見られそうだ。

超小型車、高速は走れません…1月に認定制度(読売新聞) – Y!ニュース

超小型車は、近場を移動する高齢者や観光の足として普及が期待されており、各メーカーは電気自動車で試作している。基準の緩和で開発しやすくする。

「軽」より小さい「超小型車」とは? – NAVER まとめ

「超小型車」を走らせるには  :日本経済新聞

高齢者でも運転できる定員2人の車で、電気自動車(EV)の普及にも役立てる。超小型車は二酸化炭素の排出削減につながるが、道路交通を混乱させないよう入念な制度設計が必要だ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ