「応力発光体」を活用 切ったり曲げたりすると光る印刷技術

大日本印刷

印刷面を折ったり曲げたりすると光る技術を実用化

切ったり曲げたりすると光る印刷技術、DNPが実用化 チケット真贋判定などに活用 – ITmedia ニュース
印刷面を押したり切ったり曲げたりすると光る――そんな「応力発光印刷」技術を、大日本印刷(DNP)が世界で初めて実用化したと発表した。10月中に量産を開始し、偽造防止効果を高める技術として金券/チケットなどの印刷物に

DNP、印刷物を切ったり曲げるとインクが光る応力発光印刷–真贋判定や偽造防止に応用 – CNET Japan
特殊な分子構造を持つ応力発光体を活用し、圧力がかかったときだけ発光し、元に戻せば消えるという特徴を持っているという。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ