インターネットエコノミー日米政策協力対話 (6)

総務省

インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話(第6回局長級会合)の結果

インターネットガバナンスに関するマルチステークホルダーシステムの確保に向けた日米協調
パーソナルデータの利活用とプライバシー保護
サイバーセキュリティ
など

総務省|インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話(第6回局長級会合)の結果
 9月16日及び17日の2日間、総務省と国務省は、ワシントンD.C.にて、「インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話」(第6回局長級会合)を開催しました。

「インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話」は、総務省情報通信国際戦略局長と国務省大使の間で、インターネットの経済的側面に焦点を当てた政策全般について、定期的に実施している政策対話です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ