はやぶさ2 公開

JAXA

「はやぶさ2」の機体公開

「はやぶさ2」のミッション
小惑星「1999JU3」へ
石・採取して持ち帰る
2020年12月ごろ帰還
カプセルを砂漠に落下
再び宇宙へ

「イオンエンジン」
「サンプラーホーン」
「再突入カプセル」
「インパクタ」

時事ドットコム:「新たな航海目指したい」=はやぶさ2の機体公開-宇宙機構
宇宙航空研究開発機構は31日、今年冬に打ち上げ予定の小惑星探査機「はやぶさ2」の機体を公開した。

「はやぶさ2」完成 12月ごろ打ち上げへ NHKニュース
公開された機体は、高さ1メートル25センチの箱形の本体に、2つの円形の通信用アンテナや折り畳まれた太陽電池パネル、それに「はやぶさ」の時より推進力や耐久性を高めた「イオンエンジン」が取り付けられています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ