山手線に新型車両 2015年秋から – E235系

JR東日本

山手線の新型車両を発表

「E235系」

現在の「E231系」に続く新型車両

「フリースペース」を各車両に

環境性能の向上

安全性・安定性の向上

JR山手線に新型車両「E235系」 15年秋から営業運転 – ITmedia ニュース
JR東日本は7月2日、次世代通勤電車「E235系」の先行量産車を製作し、2015年秋ごろから山手線で営業運転を開始

JR東、山手線に新型車両を導入 15年秋から営業運転  :日本経済新聞
新型車両では優先席を増設するほか、車イスやベビーカーの利用客が使える「フリースペース」を各車両に設ける

山手線に新型車両「E235系」導入…先行車は来秋運転開始 | レスポンス
客室内の座席は腰掛幅を一人当たり1cm拡大して46cmに。優先席は1両あたり3席増やすとともに視認性を向上する。

山手線 五輪見据え新型車両導入へ NHKニュース
JR東日本では、来年の秋ごろから山手線で新型車両の運行を始め、首都圏の別の路線にも順次、導入することを予定

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ