ブロークンアップ アイソン彗星

ニュースねたです
(2013.11.29)

ブロークンアップ(バラバラ)

世界には衝撃と落胆

国立天文台 | アイソン彗星

2013年11月29日(日本時間)のアイソン彗星
アイソン彗星は、日本時間の11月29日早朝、太陽に最も接近(近日点を通過)しました。

これは核が崩壊した後の破片群、あるいは大きめの塵(ちり)の集団と考えられます。
このことから、今後、アイソン彗星が明るい彗星として見える可能性は低くなったと考えられます。

時事ドットコム:アイソン彗星が消滅=太陽最接近時に崩壊、蒸発-衛星で観測、専門家「予想外」

関連記事
科学の未来予想は8割外れる – サイエンスZERO

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ