「BNST」 食べたいという衝動をコントロールしている神経細胞が特定された

NHKニュースねたです。

脳の中の食べたい衝動をコントロールしている神経を突き止めたというニュースです。

ネズミを使った実験です。

アメリカ・ノースカロライナ大学などの研究チームは、脳の視床下部と呼ばれる部分の上にあり、食事の際に活発に働く「BNST」という神経の中枢に注目し、レーザー光線で脳を刺激する特殊な装置をネズミの頭に取り付け実験を行いました。
脳神経の異常な働きで「過食」に NHKニュース

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ