取り調べの可視化 改革の課題

クローズアップ現代
(2013.9.24)
より

取り調べの可視化
改革の課題
密室での取り調べで何が

「何度も身に覚えのない罪を認めてしまいそうになる」

可視化の現場では
無罪になったケース
検察が有罪立証に活用する動き
可視化が冤罪を防いだ実例

供述調書

可視化がない場合
毎日6時間、20日あまり続いた聴取
2審で無罪判決が出たのは逮捕から3年2ヶ月後
押し付けや誘導による供述調書

可視化がある場合
調書と発言の食い違いにより無罪に
録画録音されていれば過程がすべて明らかになる
あとからチェックできる

映像で有罪に
検察の新たな動き

供述より映像のほうが印象が強い

プロの追求に(無実でも)うろたえてしまっている映像が記録されてしまう

弁護士に合わせる前に録画しちゃえ(的な)

など

[取り調べ]

クローズアップ現代 NHK

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ