イプシロンロケット打ち上げ成功 人工衛星分離 – 2013年9月14日

新型ロケット イプシロン打ち上げ成功。

2013年9月14日14時00分(日本標準時)

12年ぶりに開発された新型の国産ロケット、イプシロンは、14日午後、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、予定の高度で搭載した衛星を切り離して打ち上げは成功しました。
新型ロケット イプシロン打ち上げ成功 NHKニュース

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、IHIエアロスペース社は9月14日、惑星分光観測衛星(SPRINT-A)を搭載したイプシロンロケット試験機の打ち上げに成功した。イプシロンは高い性能の低い価格の二つを両立させ、宇宙輸送に革命を起こすことを目指した野心的なロケットで、完璧な成功をもってその第一歩を踏み出した。
イプシロンロケット試験機打ち上げ、ロケット革命への第一歩 | イプシロン | sorae.jp

ロケットは正常に飛行し、打上げ後約61分39秒にSPRINT-Aを正常に分離したことを確認しました。
JAXA|イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げ結果について

関連記事
イプシロンロケット – ロケット・輸送システム
発射19秒前に自動停止 – 新型ロケット「イプシロン」打ち上げ中止
イプシロンロケットの再打上げ日時確定
イプシロンロケット成功の舞台裏

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ