災害時の食べ物について研究開発が進んでいる

NHKニュース
(2013.9.2)
より

震災時でも“食”の充実を

避難生活が長期化する中で栄養が偏り
体調を崩してしまうケース

災害時の食べ物について研究開発が進んでいる

中華丼
カレーライス
スープ

東日本大震災
炭水化物に偏った食生活

野菜不足・たんぱく質不足・ビタミン不足
塩分過剰

容器の開発
3年半の保存が可能に
火を使わずに温められる

普及には課題も
価格が高い

必要な機能が理解されれば需要も増える

など

おはよう日本 NHK

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ