遺伝子操作で寿命伸ばせる可能性

人の寿命延長につながるような基礎研究

国立遺伝学研究所 小林武彦教授の研究グループ

リボソームの遺伝子の働きを酵母菌を使った実験で詳しく調べる

老化が進むとリボソーム遺伝子の特定部分の働きが不安定に

安定するよう遺伝子操作したら寿命が2日間→3日間に延びる

など

おはよう日本 NHK

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ