記憶力の低下 原因となるたんぱく質を特定 – 「RbAp48」

老化による記憶力の低下が改善できる可能性がある

コロンビア大学
エリック・カンデル教授の研究グループ

記憶力の低下
原因となるたんぱく質 特定

年を取ったネズミでこのタンパク質をふやしたところ衰えた記憶力が回復した

人にも応用できる可能性

「RbAp48」というたんぱく質

老化による記憶力の低下が改善できる可能性がある

など

おはよう日本 NHK

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ