粗悪カラーコンタクトレンズの被害について

NEWS ZERO
(2013.8.27)
より

カラコン被害

充血・痛み・視力低下も

厚生労働省は2009年に一定の安全性を認めたものに
医療機器としての認可を与えるようになりました

それでも被害が出ています

カラーコンタクトレンズを綿棒でこすってみると
問題のある製品は色が落ちてしまいました

通常のカラコンは色素の膜をレンズでサンドイッチしている構造
粗悪なカラコンは眼球側にレンズがないため色素が落ちやすい

認可を受けたものでも色落ちするものがある

簡単に見分けることができない

少しでも異常があれば眼科に受診する
カラコンを見せるのがベスト

など

NEWS ZERO|日本テレビ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ