人工降雨装置を12年ぶりに東京都が稼働

ワラにもすがる思いです

人工降雨装置

12年ぶり東京都が稼働

多摩川上流 小河内ダムの周辺
都は人工的に雨を降らせる装置を
平成13年以来12年ぶりに動かす方向で検討に入り
試験運転を行った

ワラにもすがる思いです

47年前に開発された装置
ヨウ化銀を燃やし、粒子を放出
雲に到達すると雨が降る可能性がある

人工降雨

海外の例
モンゴルでは大砲を使って雨雲にヨウ化銀を打ち込む
5年前の北京オリンピックではロケットで別の場所に雨を降らせ会場を晴れにしようと

国内の例
ヘリコプターや飛行機でドライアイス散布

今回の試み、専門家の意見
ヨウ化銀が高いところまで行くか疑問に感じている
飛行機の方がいいかも(的な)

沖縄 久米島では今月11日
雨乞い の儀式
すると、竜巻のような雲
そして、雨も
(いつもうまく降るとは限りません)

ほか

NHKニュース

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ