アマゾン創業者がワシントンポストを買収

個人資産での買収で、形の上ではamazonとの関係はない?

【ニューヨーク=中井大助】米紙ワシントン・ポスト(WP)を発行するWP社は5日、同紙を含む新聞事業をインターネット通販大手・アマゾンの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏に2億5千万ドル(約246億円)で売却すると発表した。
朝日新聞デジタル:アマゾン創業者・ベゾス氏、ワシントン・ポスト紙買収 – 国際

ポスト社によると、買収手続きは約2カ月で完了し、ベゾス氏は新聞発行やウェブサイトなどの事業を買収。ポスト紙の発行人のキャサリン・ウェイマス氏をはじめ編集幹部や約2千人の従業員の雇用も維持される。ポスト紙を保有するワシントン・ポスト社は主力の教育事業やケーブルテレビ事業に経営資源を集中し、社名も変更する。
アマゾン創業者が改革求める米紙ワシントン・ポスト、波紋広がる買収劇+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

「Amazon.com」の創業者であるJeff Bezos氏によって2億5000万米ドルで買収されたことを発表した。個人資産での買収であり、Amazon.comは関与していない。
Amazon創業者、ワシントンポストを2.5億ドルで買収 | エンタープライズ | マイナビニュース

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ