臨床研究の信頼に大きなダメージ 論文データ改ざんの闇

クローズアップ現代

高血圧薬
ディオバン

論文データ改ざんの闇

元従業員
データ操作

宣伝
多額の寄付金
臨床研究には法律の規制がない

現場からの怒り

京都府立医大
論文データが操作されていたことを公表(2013.7.11)
脳卒中・狭心症の効果
データ解析の担当者が製薬会社(ノバルティスファーマ)の社員だった

まだ真相不明

臨床研究の信頼に大きなダメージ

どう防ぐ、臨床研究の不正
海外の状況
国内の動き

ほか

クローズアップ現代 NHK

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ