2015.1.9 シェール関連企業が経営破綻 原油安後初 – 原油とシェールの我慢くらべが新たな局面に

きになるトピックス

2015年1月9日

原油とシェールの我慢くらべ、新たな局面に

経営が破綻したのはアメリカ南部の「WBHエナジー」という企業

原油安で米シェール関連企業が経営破綻 NHKニュース
世界的に原油安が続いていることを受けて、アメリカ南部のテキサス州では、シェールオイルやガスの開発を手がけていた企業が採算が悪化して経営破綻し、今後も関連企業の破綻が続くという見方が出ています。

米シェール企業、原油安で破綻 負債最大60億円  :日本経済新聞
シェール開発は地中のシェール(頁岩=けつがん)層に割れ目を入れ、オイルやガスを取り出す。採掘開始後1~2年でピークを迎えるため、中東の巨大油田で産出する原油に比べると開発コストが高い。

時事ドットコム:イオンエンジン、点火成功=機能確認、順調に-はやぶさ2

昨年12月に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」の航行を支える4基のイオンエンジンが、点火試験に成功したことが8日分かった。4基とも順調に機能したという。

災害、有事の「使い捨て」衛星…政府が開発検討 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

災害や有事などの緊急時にすぐ打ち上げる「使い捨て」タイプの小型観測衛星の開発
この衛星は「即応型小型衛星」と呼ばれ、政府の宇宙政策委員会が昨秋、公表した新たな「宇宙基本計画」素案で検討事項にしている。

ホンダ 米で制裁金80億円余支払い NHKニュース

ホンダがアメリカで、2003年から去年にかけて義務づけられていた事故の報告を行っていなかった問題で、ホンダは80億円余りの制裁金を支払いました。

予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会審議会資料 |厚生労働省

(1)B型肝炎ワクチンについて
(2)日本脳炎ワクチンの特例措置対象者について
(3)報告事項
・ 副反応報告の取扱いについて
・ 3種混合ワクチン(DPT)について
・ 平成 26 年度MR接種率(中間評価)について


気象庁 | 報道発表資料

エルニーニョ現象が持続しているとみられる。ただし、大気の状態にはエルニーニョ現象時の特徴が明瞭には現れていない。
このエルニーニョ現象は、今後春にかけて終息に向かう可能性が高い。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ