LEDテスター – 差し込むだけで簡単にLEDの色や明るさをチェックできます

「LEDテスター」です。

LEDの確認が簡単にできます。

 

秋月電子で購入しました。(購入ページ:LEDテスター: 測定器・計測器関連

LEDを差し込んでボタンを押せば簡単にLEDの色・明るさをチェックできます。
「ハンダ付してからLEDが壊れていることに気が付いて取付け直す」といった手間を回避できます。
電流値により明るさの違いをチェックできます。(電流値は厳密ではなくあくまで目安です)

開封

本体のみで説明書などは付属していません。

内部

裏のネジを開けてみました。
006P電池がセットされています。Tinko?(笑)

LEDをセット

このようにLEDを差し込んでスイッチを押すと点灯して明るさや色をチェックできます。

 

上段・下段

上段が3mmΦ、5mmΦLEDエリアです。
差し込む場所で電流量を変えられます。
2mA、5mA、10mA、20mA、30mAです。

下段が角型LEDエリアです。
20mA、50mA、70mA、150mAです。

実測

手持ちの砲弾型LEDとテスターで電流を測定してみました。
各アンペア複数個同時にセットできるようになっています。
電圧は2.68V~2.95Vでした。アンペアによって微妙に変わります。

以下、電流の実測値です。

2mA

2mAは2つあります。


右から1つ目、2mAの位置。
1.64mAです。

 


右から2つ目、2mAの位置。
1.65mAです。同じようです。

 

5mA

5mAも2つです。


右から3つ目、5mAの位置。
3.78mAです。


右から4つ目、5mAの位置。
3.73mAです。同じですね。

 

10mA

10mAの位置は3つあります。


7.46mAです。

 


7.43mAです。

 


7.51mAです。

 

20mA

20mAは4つです。測定値は1つで省略します。


12.48mAです。

 

30mA

30mAは2つです。


15.75mAです。

実測値は以上です。
確かに電流量は目安ですね。

 

便利です

LEDを光らせるには抵抗をかまして電源につなぐ必要がありますが、このLEDテスターを使えば簡単に点灯確認ができます。
目安とはいえ、明るさ比較ができるのがとても便利です。

 

テスターを入れているツールボックスに同居させておくことにします。

 

LEDテスター
【測定】電流値は目安です。
・3mmΦ、5mmΦLEDエリア(上段)
2mA、5mA、10mA、20mA、30mA
・角型LEDエリア(下段)
20mA、50mA、70mA、150mA
【電池】006P電池x1本((付属)
【サイズ】約55x90x23mm
【メーカー】不明

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ