ワニ口クリップ付きUSBケーブル自作 2 – 電池からUSBに電源を供給するケーブル

ワニ口クリップ付きのUSBケーブルの自作記事(2)です。
その1のつづきです。

_IMG_8374_800

USBメス-ワニ口クリップ の作成です。

作り方
_IMG_8365_800

USBケーブルを真ん中あたりで切断します。
_IMG_8367_800

このようになります。
_IMG_8368_800

剥きます。
_IMG_8369_800

チューブの中に赤、白、緑、黒の電線が入っています。
赤と黒が電源のプラスとマイナスです。
白と緑が信号線です。
白と緑は今回使いません。

参考ページ:
ITmedia PC USER
USB端子から5ボルトを取る方法:作る人日記

赤と黒にそれぞれワニ口クリップを接続します。
適当な長さの熱収縮絶縁チューブを2つぐらいあらかじめ通しておきましょう。
_IMG_8371_800

二股部分は白と緑をショートしないように処理して熱収縮チューブで固定します。

こうなります。
_IMG_8373_800

上の画像では手順を間違えています。
ワニ口のカバーをあらかじめ通しておいてから接続しましょう。
後からワニ口カバーを通すのはかなり困難です。

完成。
_IMG_8375_800

 

USBメス-ワニ口クリップです。
_IMG_8376_800
電池などからUSBに電源を与えることができます。

画像の電池ケースはスタイリッシュ3LED(100均)に使われていたものです。
この電池ケースはワニ口ではさみやすくて便利です。

その3につづきます。

その1 その2 その3

 

(自作・改造は自己責任で)

スポンサーリンク

関連コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ